【最重要】ANA東急カードを保有する絶大なメリットとは。航空会社も教えていないANA東急カードの秘密

ANA東急カード

この記事では、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(以下、ANA東急カード)の特徴や保有するメリットについて解説しています。ANA東急カードを保有するとANAマイル交換レート75%を誇るTOKYUルートが利用できるようになります。TOKYUルート経由でANAマイルを獲得することはANAマイラーにとって最重要かつ基本的な内容になるのでしっかりと押さえておきましょう。

ANAマイラー必携!ANA東急カードを保有する理由

なぜANAマイラーはANA東急カードを保有するのでしょうか。ひとことで言えば「ハピタスで貯めたポイントを破格のレートでANAマイルに交換できるから」です。これは他のANAカードにはない大きな強み。ANAマイル交換レート75%を誇るTOKYUルートはANAマイラーにとって欠かせない存在です。TOKYUルートを利用すればハピタスで貯めたポイントを効率良くANAマイルへ交換することができるようになり、驚くほど早くマイルが貯まっていきます。通常ルートとTOKYUルートのどちらがANAマイルを貯めやすいのか、両者を比較してみるとその違いは一目瞭然です。

通常ルートの場合

通常ルートの場合、各ポイントを直接ANAマイルへ交換すると交換レートは最高50%にしかなりません。ドットマネーに至って交換レートが28%まで目減りしてしまいます。

TOKYUルートの場合

1.ハピタスからドットマネーに交換:100%
2.ドットマネーからTOKYUポイントに交換:100%
3.TOKYUポイントからANAマイルに交換:75%

ハピタスで貯めたポイントをTOKYUルート経由でANAマイルへ交換することによってANAマイル交換レートは75%になります。しかし、ドットマネーを直接ANAマイルへ交換しても交換レートは28%にしかなりません。どの交換ルートを経由させるかによって、最終的に獲得できるANAマイルが変わってきます。TOKYUポイントからANAマイル交換レート75%を実現できるのはANA東急カードのみなのです。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードからのマイル交換(75%

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード以外からのマイル交換(50%)

TOKYUルートは数あるANAマイル交換ルートの中でも最高の交換レートを誇ります。ANA東急カードはTOKYUルートを開通させるための必需品です。ANAマイラー達がANA東急カードを保有する理由はここにあります。

保有目的は決済用のためじゃないんです

一般的にクレジットカードの利用目的といえば決済用ですが、ANA東急カードの場合は少し勝手が異なります。ANA東急カードはクレジットカード決済でANAマイルを貯めるためではなくTOKYUルートを開通させるためだけに保有します。ANA東急カードで決済をするとワールドプレゼントが1,000円決済ごとに1ポイント貯まりますが、ANAマイルへ移行しても5〜10マイル程度にしかなりません。この場合、ANAマイル還元率は0.5%〜1%です。ANAマイルへ移行する時にマイルコースの選択があります。5マイルコースの場合はANAマイル移行手数料は無料ですが、10マイルコースの場合は年間6,000円(税別)の移行手数料がかかってきます。ANAマイル還元率は0.5%〜1%しかないうえに移行手数料もかかってくるため決済用に利用することはおすすめしていません。

マイルコースの選択

決済金額(月額)におけるコース別のANAマイル獲得数

決済金額(月額) 5マイルコース 10マイルコース
10,000円 50 100
20,000円 100 200
30,000円 150 300
40,000円 200 400
50,000円 250 500
60,000円 300 600
70,000円 350 700
80,000円 400 800
90,000円 450 900
100,000円 500 1,000
150,000円 750 1,500
200,000円 1,000 2,000
250,000円 1,250 2,500
300,000円 1,500 3,000

例えばですが、月300,000円分の決済をしても5マイルコースであれば1,500ANAマイル、10マイルコース出会っても3,000マイルしか貯まりません。決済用に利用するならマイル還元率1.25%のSPGアメックスをおすすめします。

SPGアメックス 【宿泊系最強カード】SPGアメックスの全貌!CP抜群の無料宿泊特典と驚異のマイル還元率(1.25%)

ANA東急カードの概要(年会費・マイル還元率など)

ANA東急カード

ANATOQ標準搭載サービス

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード概要
国際ブランド Master card
発行会社 三井住友カード
提携先

全日本空輸(株)
東京急行電鉄(株)
(株)東急百貨店
(株)パスモ

年会費(税抜き) 2,000円(初年度無料

ポイント・プログラム


ワールドプレゼント
ポイント制度 ・ワールドプレゼント(通常決済)
1,000円決済ごとに1ポイント
・TOKYUポイント(東急加盟店に限る)
年間お買い上げ額に応じて3%〜10%のTOKYUポイントを付与
ANAマイル還元率 ・5マイルコース 0.5%
(1,000円決済ごとに5マイル獲得)
・10マイルコース  1.0%
(1,000円決済ごとに10マイル獲得)
ANAマイル移行手数料 ・5マイルコース:移行手数料無料
・10マイルコース:年間6,000円(税抜)
利用可能額 10万円〜80万円
ポイント有効期限 2年
入会ボーナスマイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル(毎年) 1,000マイル
交通系IC PASMO
初年度年会費については無料です。次年度年会費は2,000円かかりますが、継続ボーナスマイルが毎年1,000マイル付与されるのは嬉しいですね。

知らなきゃ損!ANA東急カードの一番お得な発行方法(1,500マイル獲得)

ANAマイ友プログラムを利用することによって通常の入会ボーナスマイルに加えて「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」をプレゼントされます。ANA東急カードはANAカード(一般)に分類されていますので合計1,500マイルを獲得できます。マイ友プログラムの具体的な発行手順について解説していきます。

 

STEP.2
紹介者情報・申込者情報入力
 
紹介者氏名:「マスダ シンスケ」
紹介者番号:「00014619」

登録が完了したら、

STEP.3
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを選択

※ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、交通系IC一体型カードに分類されています。本人情報やお支払い口座を入力していきます。

STEP.4
ANAマイレージ自動移行への参加(5マイルコース)を選択

STEP.5
完了
名前・生年月日・住所などの必須事項を入力して完了
※既にANAカードを持っていて「お客様番号」がある場合は統合する入力蘭があるので忘れずに入力しておきましょう。

【カード発行後】TOKYU POINT Web サービスの登録

カードが手元に届いたらTOKYU  POINT Webサービスへ登録(無料)しておきましょう。ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは通常の東急カードとログインする箇所が異なりますので間違えないように注意してください。

たつまるの周りを見渡してみてもTOKYUルート経由でANAマイルを貯めている人を見かけたことがありません。TOKYUルートの存在はごく限られた人にしか知られていない貴重な情報なのだと思います。これをきっかけに大量にANAマイルを貯めて素敵な旅行ライフを楽しんでもらえると嬉しいです。それでは、いってらっしゃい!

ANA東急カードまとめ
・ANA東急カード発行でTOKYUルートが利用可(ANAマイル交換レート75%)
・初年度年会費無料
・ANA東急カード入会で1,500マイル獲得
・毎年継続ボーナスマイルで1,000マイル獲得
・ANA東急カードは決済用ではない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください