ANAマイルの使い方とお得な交換先【1マイルの価値とは?】知らないと損するANAマイルの破壊力

ANAマイルの価値

この記事では、ANAが提供している特典とマイルを交換先した場合、「1マイルの価値はいくらになるのか?」について解説しています。

ANAマイルの使い方は様々です。特典航空券に交換する人もいれば、飛行機に乗る時間がとれなくて、有効期限の直前に現金化してしまう人もいます。しかし「マイルの価値」というものに注目すると、はっきり利用優先順位があることに気付きます。「マイル価値を最大化するためはどのように使えば良いか?」ANAマイルの交換先のなかで、1マイルあたり最も価値のある特典とおすすめのANAマイルの使い方を明らかにします。

マイルを貯めることにこだわる理由

なぜ世の中のマイラー達が、マイルを貯めることにこだわっているのでしょうか。身近な楽天ポイントやTポイント、nanacoポイントなど現金化できるポイントを貯めていないのか。答えはマイルの価値がポイントよりも高いことを知っているからです。

ANAマイルは特典交換先によって金銭的価値が変わる面白い性質があります。10,000ANAマイルで10,000円の特典と交換すると、マイル価値は1円です。しかし10,000ANAマイルで50,000円の特典と交換すると、マイル価値は5円になります。これは5倍もお得にANAマイルを活用できたことになります。

1マイルあたりの金銭的価値

・10,000マイルを10,000円の特典と交換した場合
 マイル単価:1円

・10,000マイルを50,000円の特典と交換した場合
 マイル単価:5円

交換した特典の金銭的価値が高ければ高いほど、マイルを有効活用していると言えます。ANAマイルの価値を最大化するために、どのような特典交換先を選べば良いか考えてみます。

ANAマイルの使い方(特典交換先)

ANAマイレージクラブには、マイルの使い道がたくさんあります。

ANAマイルの使い道
・国内線特典航空券

・国際線特典航空券(エコノミー、ビジネス、ファースト)

・提携航空会社特典航空券

・ANA SKY コイン

・ホテル

・レストラン

・ポイント交換

・ANAショッピング(A-style)

・ANAセレクション

etc…

上記の特典内容は金銭的価値がそれぞれ異なります。マイルで交換できるすべての特典内容が同じ金銭的価値ではありません(1マイル=1円ではない)。どの交換先が1マイルあたりの価値が高いのか確かめていきます。

ANA国内線特典航空券

ANA国内線特典航空券は、国内線の航空券と交換できる特典です。北は北海道から南は沖縄まで、全国の航空券と交換することができます。利用するシーズンや区間によって必要マイル数が異なります。

シーズンチャート

必要マイルチャート(片道)

(参考)【ANA国内線特典航空券】シーズン・必要マイルチャート

つぎに東京(羽田)〜沖縄(那覇)の1マイルの単価をシーズン別にみていきます。航空券の価格は、日程・行き先・搭乗するクラスによって変動するので目安としてください。

■東京(羽田)〜沖縄(那覇)のシーズン別のマイル単価

<ローシーズン> 必要マイル数(往復)14,000

ローシーズンなので、航空券の価格も安いです。航空券の価格が21,380円、必要マイル数が14,000マイルなので、1マイルの価値は1.52円です。

1マイルあたりの価値(ローシーズン)
21,380(円)/  14,000(マイル)=1.52 マイル単価:1.52円

<レギュラーシーズン> 必要マイル数(往復)18,000

レギュラーシーズンになると、航空券の価格も高くなります。航空券の価格が54,820円、必要マイル数が18,000マイルなので、1マイルの価値は3.04円です。

1マイルあたりの価値(レギュラーシーズン)
54,820(円)/  18,000(マイル)=3.04 マイル単価:3.04円

<ハイシーズン> 必要マイル数(往復)21,000

ハイシーズンにもなると、航空券の料金も高騰します。航空券の価格が74,320円、必要マイル数が21,000マイルなので、1マイルの価値は3.53円です。

1マイルあたりの価値(ハイシーズン)
74,320(円)/ 21,000(マイル)=3.53 マイル単価:3.53円

国内線特典航空券のマイル単価を比較した場合、ハイシーズンに利用するのが、一番マイルを有効活用していると言えます。他のシーズンに比べて、必要マイル数こそ多くなりますが、1マイルあたりの単価(価値)が高まるためです。1マイルの単価は3.5円を超えます。これは1マイルあたり3.5円の価値があることを意味しています。

ANA国際線特典航空券

ANA国際線特典航空券は、国際線の航空券と交換できる特典です。搭乗するクラスもファーストクラス(F)、ビジネスクラス(C)、プレミアムエコノミークラス(PY)、エコノミークラス(Y)が用意されています。出発地と目的地のゾーン区分、利用するシーズンや座席の種類によって必要マイル数が異なります。

ゾーン区分

シーズンチャート



参考:【ANA国際線特典航空券】シーズン・必要マイルチャート

必要マイルチャート(往復)

東京(羽田)〜フランス(フランクフルト)の1マイルあたりの単価(レギュラーシーズン)を搭乗クラス別にみていきます。航空券の価格は、日程・行き先・搭乗するクラスによって変動するので目安としてください。

■東京(羽田)〜フランスの搭乗クラス別のマイル単価

<エコノミークラス(Y)> 必要マイル数(往復)55,000

エコノミークラス(Y)でも往復の航空券は210,270円します。必要マイル数が55,000マイルなので、1マイルの価値は3.82円です。

1マイルあたりの価値(エコノミークラス)
210,270(円)/ 55,000(マイル)=3.82  マイル単価:3.82円

<プレミアムエコノミークラス(Y)> 必要マイル数(往復)77,000

プレミアムエコノミークラス(PY)では、幅に余裕を持たせ、ゆったりとくつろぐげるシートです。往復の航空券は308,270円します。必要マイル数が77,000マイルなので、1マイルの価値は4.00円です。

1マイルあたりの価値(プレミアムエコノミークラス)
308,270(円)/ 77,000(マイル)=4.00  マイル単価:4.00円

<ビジネスクラス> 必要マイル数(往復)90,000

ビジネスクラス(C)では、幅にかなり余裕があり、フルフラットシートで好きな角度に調整できます。往復の航空券は642,270円します。必要マイル数が90,000マイルなので、1マイルの価値は7.13円です。

1マイルあたりの価値(ビジネスクラス)
642,270(円)/ 90,000(マイル)=7.13  マイル単価:7.13円

<ファーストクラス> 必要マイル数(往復)165,000

ファーストクラス(F)では、空でしか味わえない最高の贅沢を楽しむことができます。席ごとにしきりがあり心地良い空間が広がり、フルフラットシートで寝ることができます。料理・ドリンク共に最高級の食材が提供され、VIP対応をしてくれます。往復の航空券は2,957,270円します。必要マイル数が165,000マイルなので、1マイルの価値は17.92円です。

1マイルあたりの価値(ファーストクラス)
2,957,270(円)/ 165,000(マイル)=17.92  マイル単価:17.92円

シーズン別・搭乗クラス別にマイル単価を一覧表にしました。

国際線特典航空券のマイル単価を比較した場合、搭乗クラスによってマイル単価が大きく変わります。1マイルの価値は2.37円〜17.92円です。上級クラスを利用した方がマイル単価は高くなる傾向があります。特にレギュラーシーズンのファーストクラスを利用した場合は、1マイルの価値は17円を超えます(!)。ファーストクラスの航空券は年間を通して割引がありません。航空会社にとってはマイルを特典航空券と交換して、自社のサービスを利用してほしいという期待が込められているのかもしれませんね。

ポイント交換

ANAマイルは下記の提携ポイントと交換することが可能です。

概ね10,000マイル=10,000ポイントと交換することができます。1口10,000マイルから交換可能です。マイル価値としては1円相当になります。ただし、同一年度内(4月1日〜翌年3月31日)に3口目以降をポイントに交換する場合は、交換レートが10,000マイル=5,000ポイントになります。マイル価値が約0.5円まで下がってしまうので気をつけてください。

20,000マイル目までの交換》

61 10,000マイル(1口)を「Edy」に交換 Edy10,000円分

81 10,000マイル(1口)を「Tポイント」に交換 ⇒ 10,000ポイント

ここまで年度内に20,000マイル(2口)を交換済

30,000マイル目からの交換》

101 10,000マイル(1口)を「Edy」に交換  Edy5,000円分

121 10,000マイル(1口)を「Tポイント」に交換 ⇒ 5,000ポイント

(参考)【提携ポイントへの交換】30,000マイル以降の交換レートについて

1マイルあたりの価値(ポイント交換)

・20,000マイル(2口)までの交換
10,000マイル=10,000ポイント マイル単価:1円

・3口目以降を交換
10,000マイル=5,000円 マイル単価:0.5円

ANA SKYコイン

ANA SKYコインは、国内線・国際線の航空券やANAのwebサイト上の旅行商品の支払いに利用できる電子マネーのようなものです。利用単位は10コイン=10円分から利用可能です。

ANAマイルからANA SKYコインへの交換レートは、会員ステータスや保有しているANAカードの種類に応じて変動します。

参考:ANAマイレージクラブ(ANA SKYコイン)

交換するマイル数によってANA SKYコインへの交換レートは1倍〜1.7倍になります。1マイルあたりの価値は1円〜1.7円ということになります。1.7倍という最高レートで交換するためには、上級会員と呼ばれるANA「ブロンズサービス」メンバー以上なる必要があります。注目すべきは、ANAゴールドカードを保有している場合です。会員ステータスに関係なく、交換レートが1倍〜1.6倍でANA SKYコインに交換することが可能です。

1マイルあたりの価値(ANA SKYコイン)

1マイル=1コイン〜1.7コイン マイル単価:1円〜1.7円

ANAショッピング(A-style)

旅をテーマに日本だけでなく、世界中の商品を取り揃え、おトクに買い物の旅を楽しめるのがANAショッピングです。1マイル=1円から利用できます。

掲載している商品は、Amazonや楽天などで購入できる商品がほとんどです。掲載している商品の値段もそこまで安くないので、積極的な利用はおすすめしていません。ダイソンの空気清浄送風機能付ファンヒーターを例として確認してみましょう。

■ダイソン空気清浄送風機能付ファンヒーター

<ANAショッピング(A-style)の値段>

<Amazonの値段>

ANAショッピング(A-style)の場合だと84,024円しますが、Amazonだと67,900円で購入可能です。ANAショッピング(A-style)はモノによってはAmazon等で購入した方が安い場合がありますので、購入する際は気をつけましょう。

1マイルあたりの価値【ANAショッピング(A-style)】
1マイル=1円 マイル単価:1円

ホテル

ANAのマイルで国内外の有名ホテルの宿泊券と交換することができます。ホテルごとによって必要マイル数が異なります。20,000マイル〜100,000マイルくらいで1組2名まで利用することが可能です。

宿泊可能ホテル一覧

<国内>

・ザ・ペニンシュラホテルズ東京

・シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ(東京)

・ザ・リッツ・カールトン沖縄

・セント レジス ホテル&リゾート大阪

・ホテルナゴヤキャッスル

・オークラ ホテルズ&リゾーツ(東京、千葉、新潟、浜松、神戸、長崎、札幌、つくば)

・サフィールホテルズ(北海道、神戸、沖縄)

・ハイアット ホテルズ&リゾーツ福岡

・プリンスホテルズ&リゾーツ(東京、新宿、川崎、新横浜、箱根、大磯、零石、札幌、新富良野、函館大沼、釧路、軽井沢、志賀高原、大津、京都、広島)

・東急ホテルズ(札幌、赤坂、渋谷、新橋、羽田、吉祥寺、大森、川崎、富山、金沢、名古屋、京都、大阪、新大阪、神戸、松山、松江、鹿児島) 

・KIZASHI THE SUITE(祇園)

<海外>

 ・ザ・ペニンシュラホテルズ(上海、香港、バンコク、マニラ)

・シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ(香港、マニラ、中国、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、オーストラリア)

・オークラ ホテルズ&リゾーツ(上海、マカオ、バンコク)

参考:ANAマイレージクラブ(宿泊クーポン)

例として、ザ・リッツ・カールトン沖縄の宿泊クーポンについて確認してみましょう。

デラックスルーム(1室2名様まで朝食付き)の宿泊券に60,000マイルで交換することが可能です。通常予約をする場合はいくらかかるのか、宿泊予約サイトの一休.comで調べてみました。

一休.comので予約すると、デラックスルーム(朝食付き)1室2名の利用で、107,398円することが分かりました。宿泊クーポンと交換するには60,000マイルが必要となります。宿泊クーポンと交換した場合の1マイルの価値は約1.78円ということが分かりました。ホテルのランクや宿泊シーズンによって宿泊料金は変動しますので、1マイルの価値は目安としてご参考ください。

1マイルあたりの価値(宿泊クーポン)

107,398(円)/  60,000(マイル)=1.78 マイル単価:約1.78円

レストラン

ホテル系列のレストラン、有名店の豪華なお食事券と交換することができます。利用するレストランによって必要マイル数は異なります。10,000マイル〜60,000マイルくらいで利用することが可能です。

利用可能レストラン一覧

■ザ・ペニンシュラ東京

・ザ・ロビー(ランチ/ディナー)

・ヘイフンテラス(ランチ/ディナー)

・Peter(ランチ/ディナー)

■シャングリ・ラ ホテル東京

・ピャチェーレ(ランチ/ディナー)

■ジュエル・ロブション

・ジュエル・ロブション(ディナー)

・ラトリエ ドゥ ジュエル ロブション(ランチ/ディナー)

■ホテルオークラ東京

・ラ・ベル・エポック(ランチ/ディナー)

・バロン オークラ(ランチ/ディナー)

■横浜米ホテル東急

・クイーン・アリス(ディナー)

・トゥーランドット游仙境(ディナー)

・大志満(ディナー)

■INTERSECT BY LEXUS(ディナー)

■メルセデス ミー(ディナー)

■プリンスホテルズ&リゾーツ(ランチ)

・ザ・プリンス パークタワー東京(ステーキハウス 桂)

・東京プリンスホテル(中国料理 満楼日園)

・グランドプリンスホテル高輪(フランス料理 ル・トリアノン)

・新宿プリンスホテル(和風ダイニング&バーFUGA)

・サンシャインシティプリンスホテル(和食 むさし野、中国調理 古稀殿)

・グランドプリンスホテル京都(メインダイニング いと桜、中国料理 桃園、日本料理 宝ヶ池)

・びわ湖大津プリンスホテル(和食 清水)

■プリンスホテルズ&リゾーツ(ディナー)

・函館大沼プリンスホテル(メインダイニングルーム)

・ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町(WASHOKU 蒼天、All-Day Dining OASIS GARDEN)

・ザ・プリンス パークタワー東京(ステーキハウス 桂、レストラン ブリーズヴェール)

・グランドプリンスホテル高輪(鉄板焼き しゃぶしゃぶ、ステーキハウス 桂)

・札幌プリンスホテル(ステーキハウス 桂)

・グランドプリンスホテル京都(メインダイニング いと桜、中国料理 桃園、日本料理 宝ヶ池)

・ザ・プリンス 箱根 芦ノ湖(レストラン ル・トリアノン)

■セントレジス ホテル大阪

・ル ドール(ランチ)

・ラ ベディータ(ディナー)

■ザ・リッツ・カールトン大阪

・香桃(ランチ/ディナー)

・花筐(ランチ/ディナー)

・ラ・ベ(ランチ/ディナー)

・ザ・ロビーラウンジ(アフタヌーンティー)

■グランド ハイアット 福岡

・ザ マーケット エフ(ランチ/ディナー)

■ホテルナゴヤキャッスル

・クラウン(ディナー)

・西の丸(ディナー)

・柳城(ディナー)

参考:ANAマイレージクラブ(お食事クーポン)

例として、恵比寿にある3つ星獲得レストラン「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」のお食事クーポンについて確認してみましょう。

コースディナー(2名分/税金・サービス料込)のお食事券に60,000マイルで交換することができます。通常予約をする場合はいくらかかるのか、ロブションのHPで調べてみました。

全く同じメニューがなかったため、正確な金額は分からなかったのですが、メニュー構成から推察すると30,000円のメニューだと思われます。消費税8%、サービス料12%を考慮すると36,000円×2名分で=72,000円の内容ということが分かりました。お食事クーポンと交換するには60,000マイルが必要となります。お食事クーポンと交換した場合の1マイルの価値は1.2円ということが分かりました。各レストランの内容は季節ごとに変わるため、1マイルの価値は目安としてご参考ください。

1マイルあたりの価値(お食事クーポン)

72,000(円)/  60,000(マイル)=1.2 マイル単価:約1.2円

マイルの価値を最大化するおすすめ利用優先順位(重要)

たつまるがおすすめする、マイルの価値を最大化するおすすめ利用優先順位です。1マイルの利用価値が高い順にランキング形式にしてみました。

1位:ANA国際線特典航空券ファーストクラス(16.3円〜17.92円)

マイルを貯めている人なら一度は憧れるのがファーストクラスです。割引・値引きが一切ない航空券の価格は、東京〜フランクフルト間の往復で約300万円にもなります。ファーストクラスを利用できる人はごくわずかで、このクラスに搭乗ことが最高のステータスだと思います。空港に到着した時からVIP対応は始まり、チェックインから搭乗まで最優先で案内がされます。ラウンジでは注文を受けてから一皿ずつ丁寧に仕上げた温かい料理が提供され、料理・ドリンクは全て無料です。搭乗すれば広々としたシートで足を伸ばして寝そべることができ、、着替えなどのアメニティも用意されております。1本3万円以上するシャンパンや有名店とコラボした食事を搭乗中はいつでも楽しむことができます。空の上でしか味わえない最高の贅沢が待っています。1マイルあたりの価値は16.3円〜19.92円と最も高く利用することができます。

2位:ANA国際線特典航空券ビジネスクラス(6.65円〜7.90円)

ゆとりの空間で空の旅を満喫できるのがビジネスクラスです。ファーストクラスには及ばないものの、シートの幅も広くゆったりと過ごすことができます。搭乗後には、CAさんが挨拶に来てくれます。お食事の前には温かいおしぼり、テーブルクロスを敷いてくれます。ファーストドリンクも多くの種類から選ぶことができ、お料理も1皿ずつ提供されるコース料理です。寝具セットやアメニティも充実しており、空の旅を贅沢に演出する内容です。まさしく疲れ知らずのビジネスクラスです。1マイルあたりの価値は6.65円〜7.90円として利用することができます。

3位:ANA国際線特典航空券プレミアムエコノミークラス(2.93円〜6.26円)

エコノミークラスよりもワンランク上の快適なシートで過ごすことができるのがプレミアムエコノミークラスです。寝そべることはできないのですが、座席幅が広く足を伸ばして過ごすことができます。お食事内容はエコノミークラスよりワンランク上の内容が提供されます。1マイルあたりの価値は2.93円〜6.26円として利用することができます。

4位:ANA国際線特典航空券エコノミークラス(2.37円〜5.62円)

エコノミークラスは必要マイル数が一番少なく、たくさんの国を旅することができます。アジア圏であれば必要マイル数も少ないため、毎月の海外旅行も夢ではありません。ANAはフルサービスキャリア(機内食・ドリンクも含めて提供している航空会社)なので、移動中に食事も楽しむことができます。1マイルあたりの価値は2.37円〜5.62円として利用することができます。

5位:ANA国内線特典航空券(1.52円〜3.53円)

ANA国内特典航空券は、年末年始・お盆などの繁忙期にも利用することが可能です。繁忙期はどうしても航空券の価格が高くなってしまいます。そんなことは気にせずに、国内旅行を頻繁楽しむことができるようになります。1マイルあたりの価値は1.52円〜3.53円として利用することができます。

1マイルの価値はいくら?(マイル単価一覧)

1マイルの価値はいくらなのか、マイル単価一覧表を載せておきます。

■マイル単価一覧表

特典交換先 マイル単価
 国際線ファーストクラス(F)  16.3円〜17.92円
 国際線ビジネスクラス(C)  6.65円〜7.9円
 国際線プレミアムエコノミークラス(PY)  2.93円〜6.26円
 国際線エコノミークラス(Y)  2.37円〜5.62円
 国内線特典航空券  1.52円〜3.53円
 ANA SKYコイン  1円〜1.7円
 ホテル(宿泊クーポン) 約1.78円 
 レストラン(お食事クーポン) 約1.2円 
ANAショッピング(A-style) 1円
ポイント交換 0.5円〜1円

一覧表にして見てみると、ファーストクラスは圧倒的ですね。1マイルあたりの価値は10円超えです。特典交換先によってマイルの価値がこれだけ変動するのは大変興味深いですね。マイルは貯め方も重要ですが「使い方」も重要です。航空券以外への交換は、マイル価値を損ねてしまうのでおすすめはしていません。1マイルの価値を最大化する特典交換先を利用して、これからの旅を豊かにしていただければ嬉しいです。

東急ルート 【最重要】ANAマイルが爆発的に貯まるTOKYUルートを徹底解説!トップ1%しか知らないANAマイル獲得の仕組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください